口臭の主な原因と対処方法ついて

口臭を気にしている方多くいらっしゃると思いますが、歯磨きと合わせて「舌磨き」を行っている方はそう多くはないように思います。
口臭の主な原因として、下の表面に付着した汚れ「舌苔」が考えられています。歯磨きやうがいで歯や口腔内の汚れを落とすことはできますが、舌の汚れまで落とすことは困難です。

http://www.reborn-eu-project.org/

そのため、舌を磨く必要がありますが、舌の表面は味を感じる細胞が多く存在しており、普通の歯ブラシで磨くと、味覚細胞が傷ついてしまいます。そこで必要となるのが、普通の歯ブラシより柔らかい、舌磨き専用のブラシです。このブラシを用いて舌を磨くと、汚れの大半を落とすことができます。いくら舌磨き専用のブラシでも、強くゴシゴシと磨いてしまうと、味覚細胞が傷ついてしまうため、優しく磨くようにしてください。

また、これに合わせて舌磨き専用の歯磨き粉を使うと、さらに汚れが落ちて、口の中全体がすっきりします。舌磨きの頻度は個人差があると思いますが、1日1回行うだけでも、かなり口臭が改善されていくと思います。
歯磨きと合わせて舌磨きを行うことで、口の中全体がすっきりする感覚が分かりますし、口臭もかなり軽減するので、習慣化させることが大切です。