テンパに思うこと

私の髪は、生まれつきクセがかなり強いです。

幼い頃の写真を見ると、赤ちゃんの時からかなりの「くるくる」具合。

子供の頃こそあまり気にも留めませんでしたが、

成長するにつれ、色々と厄介に感じることが増えました。

中学に入学したての頃、初対面の女性教師にいきなり、

「あなた、パーマかけているんじゃないですか?」

と、かなりきつい口調で呼び止められたことがありました。

母が私の髪の事を、事前に当時の担任の先生に

説明しておいてくれたおかげで事なきを得ましたが、

こちらとしてはあらぬ疑いをかけられて、

決して気分の良いものではありませんでした。

サラサラのストレートヘアに憧れていた私にとって、

どんなにドライヤーをかけても

思うように真っ直ぐにならない髪の毛を

恨めしく思うこともあって、中学・高校時代は

登校前の朝はイライラしていることも少なくありませんでした。

一方で、友人知人の中には

「パーマをかける必要がないじゃん!いいなあ」

と羨ましがる人もいて、ああ、そういう風に思う人もいるんだ、

ということにも気づきました。

少しずつ、この強いクセ毛を受け入れられるようになったのは、

40歳を過ぎた、ここ数年のことです。

少し濡らしてウェーブヘア用の整髪料をつけると、

完全に天然のパーマヘアの出来上がり。

これを地毛だと周囲に伝えると、

驚かれるやら、羨ましがられるやらで、

それはそれで悪い気はしないのです。

それでも、忙しい朝はパーマヘアを完成させるには

手間がかかるので毎日というわけにはいかず、

やっぱりサラサラのストレートヘアを

羨ましく思ってしまうのでした。