肌質に合ったお手入れが大事です

肌が脂性肌だと、乳液や化粧水をつける事にためらいがある場合がありませんか。肌がベタベタしているのにつける事でさらに悪化するのでは、という気持ちが働くからかもしれません。しかしきちんと保湿しないと、肌は潤いが失われていると感知して余計に皮脂を分泌します。

ヴィオテラスCセラム

これではせっかく洗顔したのに意味がないですよね。基本はきちんとした洗顔と正しい保湿で、肌の状態を整えてあげる事です。ここで大事なのが、正しい洗顔方法と使用する基礎化粧品です。洗顔はゴシゴシ洗ってしまうと肌を傷めてしまうので、泡で包み込んで落とすイメージです。泡立ちがいい無添加のものを使用すれば、どんな肌質の人にも合うと思います。基礎化粧品は肌質で正しいものを使用する事が重要です。

脂性肌用とか乾燥肌用とかに細分化されている事が多いので、当てはまるものをたっぷり使うといいです。ケチって使うと肌の奥まで有効成分が行き渡らない事もあります。もし湿疹や痒みなどが出た場合は、その化粧品は合っていない可能性が高いです。肌に大きなダメージを与える可能性が高いので、使用をやめて様子をみるといいです。肌質チェックをきちんとして評価の高いものを使用すれば、肌のトラブルを大きく改善させられます。