テンパで寝ぐせがつきやすい

子供のころから髪の毛がくるくるしていました。

思春期に入り、それがコンプレックスになり、さらさら直毛の芸能人にあこがれていました。今となっては無いものねだり「隣の芝生は青く見える」といったところでしょうか。

ただ当時は、直毛をパーマする技術が主で、Mrバビットと呼ばれる縮毛矯正の技術がようやく出てきたころでした。思春期の僕には少し値が張りましたがコンプレックス解除の為に縮毛矯正をしていました。このMrハビットは針金のように真っ直ぐになりました。それはもう文字通りハリネズミのような髪型になった時もありました。少し癖が戻ってくるといい感じになるのですが、縮毛矯正した瞬間はハリネズミでした。

時が経ち、30代半ばに差し掛かると逆におしゃれパーマをあてたくなりました。天然パーマなので自分のパーマを活かそうと思ったのですが、それはおしゃれパーマとは違いおしゃれなパーマをかけないとおしゃれな髪形にならないことに気づき、結局、自分の個性を活かした髪型ができず、近所の美容室に行ききれいにしてもらいました。

そして40代になり渋い髪型にあこがれすようになり美容室から理容室に行くようになりました。白髪も増え昔のように無理に長い髪にせず、基本清潔感のある髪型を現在は目指しています。

テンパに思うこと

私の髪は、生まれつきクセがかなり強いです。

幼い頃の写真を見ると、赤ちゃんの時からかなりの「くるくる」具合。

子供の頃こそあまり気にも留めませんでしたが、

成長するにつれ、色々と厄介に感じることが増えました。

中学に入学したての頃、初対面の女性教師にいきなり、

「あなた、パーマかけているんじゃないですか?」

と、かなりきつい口調で呼び止められたことがありました。

母が私の髪の事を、事前に当時の担任の先生に

説明しておいてくれたおかげで事なきを得ましたが、

こちらとしてはあらぬ疑いをかけられて、

決して気分の良いものではありませんでした。

サラサラのストレートヘアに憧れていた私にとって、

どんなにドライヤーをかけても

思うように真っ直ぐにならない髪の毛を

恨めしく思うこともあって、中学・高校時代は

登校前の朝はイライラしていることも少なくありませんでした。

一方で、友人知人の中には

「パーマをかける必要がないじゃん!いいなあ」

と羨ましがる人もいて、ああ、そういう風に思う人もいるんだ、

ということにも気づきました。

少しずつ、この強いクセ毛を受け入れられるようになったのは、

40歳を過ぎた、ここ数年のことです。

少し濡らしてウェーブヘア用の整髪料をつけると、

完全に天然のパーマヘアの出来上がり。

これを地毛だと周囲に伝えると、

驚かれるやら、羨ましがられるやらで、

それはそれで悪い気はしないのです。

それでも、忙しい朝はパーマヘアを完成させるには

手間がかかるので毎日というわけにはいかず、

やっぱりサラサラのストレートヘアを

羨ましく思ってしまうのでした。

生まれながらのテンパ

私は、生まれつきの天然パーマ。女の子なら誰しも毛については悩んでいると思います。思春期真っただ中、当時私はどうしても髪を伸ばしたくて、お母さんに美容院でストレートパーマをかけたいと頼みました。そこから、十何年かずっと美容院ではストレートパーマをかけています。

おかげで念願だった私の髪は伸ばす事ができ、結婚をするまでは腰のところくらいまでの長さはありました。現在は、肩にかかるくらいまでカットしましたが、カットするまでは、3~4カ月に1度美容院へ行き、ストレートパーマをかけてもらってましたが、美容師さんには毎回長い髪の毛をストレートパーマをかけてもらう事に迷惑かけているんじゃないかとか思ったりもしました。そして、なにより、根本が天然パーマが出始めたときに、お風呂へ入って洗ってドライヤーをかけるときが一番の悩みでした。

とにかく時間がかかります!テレビを見ながら乾かしていたらよくお母さんに怒られていました。ストレートパーマをかけたその日からは、ドライヤーをかける時間も少し短くなり、朝もアイロンをかけずに済むのですが、天然パーマがでてきたらもう大変で…。ですが、小さいころから長い髪にしたいという私の思いは、ストレートパーマによって願いが叶い、今ではアイロンでショートボブの髪を楽しんでいます。

テンパの梅雨の辛さと頭皮の痒さ

これからの時期が、一番悩む時期到来!って感じです。私は、天然パーマで、前髪がクネクネなるのが大嫌いで、梅雨前になると前髪を短めに切るんですが、伸びるのも早くて困っています。特に、汗をかいた後や、雨の日なんて超最悪です。朝から、一生懸命にセットしたのに、出勤して1時間後には、髪型変わってるみたいなことがしょっちゅう起こってます。

おまけに、濡れた手で、前髪を触ると水分を含んで余計にクルクルとなります。

仕事上、大勢の人数の前で話す機会があるんですが、そんな日はもう最悪で、人前になんか立ちたくもありません。時には、写真まで取られて、お願いだから写真撮影だけはやめて!って思うこともあります。

もう一つ悩みは、左後頭部が痒くなって、乾燥して、フケみたいになっちゃうことが悩みです。これは、冬場が多いですが、乾燥する時期は、毎年…。皮膚科で薬もらったり、美容室で悩み相談して地肌にあうシャンプーを用意してもらったりはしていますが、20年くらいこの頭皮と付き合っています。

そんなことで、私が悩んでいるのは、テンパと頭皮です。

テンパは一生の付き合いと思ってあきらめてますが、頭皮は早く治ってくれないかなと思っています!

私の髪のお話でした。