ワキ汗と臭いが酷い私の改善方法

30代に入ってから体質が変わり、暑い日は全身から汗が滝のように流れ出て、周囲の視線を気にするようになりました。

プルーストクリームの効果と口コミ評価!販売店での市販状況もレポート!

制汗剤を使用しても一時的で、数分後には臭いが周囲に漂い始めると言う悪循環。スカートを着ても足に汗が伝ってきてとても恥ずかしい思いをして、汗ふきタオルを常に常備してお手洗いに駆け込む状態が続きました。皮膚科で相談をし『多汗症』と診断をされました。とてもショックでしたが、汗が出るのは身体の体温調整をしている事と話を聞いて『恥ずかしい事ではない』と言われ気持ちがとても軽くなりました。手術も出来ると勧められましたが私にとっては高額で自分でどうにかしようと考えました。

今までは制汗剤と汗ふきタオル常備で対応していましたが、実はこの二つの『臭い』も私自身苦手で頭痛を誘発しながら使用していました。

そこで、考えたのが『自然な汗の臭い』と『制汗剤の臭い』どちらが不快なのかな?でした。

友人や家族に聞いてみたら、『百歩譲って自然な汗の臭いの方が耐えられる』と言われました。臭いは出さないことに越したことはありませんが、

『作られた臭い』をまとって歩くよりも、自然体で居る方が良いと思いました。それでも、病気と言われても周囲の視線が気になる事は事実です。

私がした対策は一つの案ですが出来ることを一つでも出来たら良いと思います。

【対策:鞄の中に予備の下着、インナー、タオルをポーチに入れて持ち歩く】です。

臭いは汗の染み込んだ下着などからも出てるので、遊んでる時や仕事中に臭うかな!?と感じたらお手洗いで着替えられて精神的にも安心出来るようになりました。

沢山のケア方法がありますが、自分の苦痛にならない方法を探してみるのも良いと思います。