おすすめ一日一駅健康散歩

仕事の効率が良くなって進歩を進めています現代日本ですが、忙しさは変わらず収入も豊かになっているか疑問です。

そんな中でも楽しみは毎度の食事などですよね。キラリ麹の炭クレンズ生酵素

前述通り食事も手間暇かけずに美味しいものが種類多く選べる飽食の現在。気になることは体調コントールです。

わかりやすいのはメタボと呼ばれるメタボリックシンドローム。

見た目が太るだけなく多くの健康数値が乱れる。まさに現代特有の病症例です。

気が付かずにメタボになることで後々の健康が害されていく。気が付いた時にはコントロールが間に合わなくなってしまいます。

そんな現代に提言したいのが散歩です。

それも一日一駅だけの散歩。

一駅と言うと現代の方々には途方もない距離のように感じるかもしれませんが意外に一駅は近いものですよ。

ためにしに自分の最寄り駅から隣の駅、もしくは他の沿線の近くの駅を調べてみてください。

関東近辺では10キロメートルの範囲内に何個も駅があると思われます。

そうしたら試しに帰り一駅前に降りて歩いて家まで帰ってみてください。

1時間かからず帰れると思いますよ。

往復ではなく片道だけを一日一回。

慣れてきたらなるべく時間短縮の速足で。時間も短くなりダイエット効果が増します。

もし飽きてきたら道を変えたり駅を変えたりしてみてください。

時間帯を変えてみるのもおすすめです。

同じ道でもこれだけ変化があると楽しくなりますよ。

またバスなどで出れる他の沿線の駅に向かうのは電車では見れない景色や発見などがありとても新鮮な気分になれます。

私の感覚では長い時間歩いているようには感じないぐらいです。

そして有酸素運動は体に負担も少なく代謝にはとてもいいです。

何よりお金を使う事もなく、うまく使えば電車、バス運賃の節約になるかも知れませんね。

しこり発見は出来るけどTシャツ着るのが恥ずかしい

胸がなくてよかったなと思えることは、乳がんを発見する時に有利であることです。モテアンジュの市販状況や私の口コミ

癌がないかどうか皆さんも触診をセルフでしたりすることがあると思いますが、胸のある人はしこりを見つけるのが大変ですよね。

私は胸がないのでしこりをすぐに見つけることが出来ます。

幸い検査を受けも癌ではないと分かったので安心しました。

このようなメリットもあるのですが、やっぱりバストは普通にあったほうがいいなと思います。

巨乳になりたいというわけじゃないですが、大人なのにバストがないって凄く恥ずかしいです。

だから私はTシャツ1枚で出かけたりすることが恥ずかしいです。

Tシャツって胸がある人ならばちゃんと胸が出てるじゃないですか。

でも胸がないと男性のように垂直になってしまうのです。

これが嫌なんですよね。

かと言ってブラジャーで盛ったりするのも嫌なのです。

それでは詐欺になってしまいますからね。

だから私はTシャツとかを着る時は必ず何か羽織って出かけるようにしています。

別に他人は胸なんかを見ていないと思いますが、男性もですが特に女性からどう見られているのか気になってしまいますね。

胸があまりにもないとバストアップも難しいし悲しいですよ。

普通体型が痩せるコツ

私は俗に言う普通体型の女性です。http://www.taverneduconnetable.com/

目立ってめちゃめちゃ太ってはいませんが、

お腹が少しぽっこり、顔は丸く足が少し肉付きがよくシュッと引き締まった体型ではありません。

このような中途半端な体型が1番痩せにくいと思います。

私が痩せようと決意した理由はただ一つ、モテるためです。

やはりモテている女性は見た目がいいのです。

可愛すぎて嫌という男性を見たことがありません。だから私は痩せようと決意しました。

まず食事を改善しました。炭水化物が大好きで、特に麺類が好物なので極力食べないようにしましました。

炭水化物を食べるときはご飯にし、必ずおかずとともに食べることを心掛けました。

あと晩御飯は極力18時代に済ませ、寝る3時間前は何も食べないように心掛けました。

あとは水を最低でも1日に2?飲むようにし、体が水分で満たされている状態を作りました。

次に運動ですが、朝は軽めのストレッチを必ず行い少しでもウォーキングするようにしました。

あとはお風呂に入った後、代謝が上がった状態で筋トレを行いました。

やりすぎると嫌になってしまうので無理のない程度がベストだと思います。

この方法で体重には大きな変化はありませんでしたが、全体的に体のフォルムがシュッとしたと思います。

テンパで寝ぐせがつきやすい

子供のころから髪の毛がくるくるしていました。

思春期に入り、それがコンプレックスになり、さらさら直毛の芸能人にあこがれていました。今となっては無いものねだり「隣の芝生は青く見える」といったところでしょうか。

ただ当時は、直毛をパーマする技術が主で、Mrバビットと呼ばれる縮毛矯正の技術がようやく出てきたころでした。思春期の僕には少し値が張りましたがコンプレックス解除の為に縮毛矯正をしていました。このMrハビットは針金のように真っ直ぐになりました。それはもう文字通りハリネズミのような髪型になった時もありました。少し癖が戻ってくるといい感じになるのですが、縮毛矯正した瞬間はハリネズミでした。

時が経ち、30代半ばに差し掛かると逆におしゃれパーマをあてたくなりました。天然パーマなので自分のパーマを活かそうと思ったのですが、それはおしゃれパーマとは違いおしゃれなパーマをかけないとおしゃれな髪形にならないことに気づき、結局、自分の個性を活かした髪型ができず、近所の美容室に行ききれいにしてもらいました。

そして40代になり渋い髪型にあこがれすようになり美容室から理容室に行くようになりました。白髪も増え昔のように無理に長い髪にせず、基本清潔感のある髪型を現在は目指しています。

テンパに思うこと

私の髪は、生まれつきクセがかなり強いです。

幼い頃の写真を見ると、赤ちゃんの時からかなりの「くるくる」具合。

子供の頃こそあまり気にも留めませんでしたが、

成長するにつれ、色々と厄介に感じることが増えました。

中学に入学したての頃、初対面の女性教師にいきなり、

「あなた、パーマかけているんじゃないですか?」

と、かなりきつい口調で呼び止められたことがありました。

母が私の髪の事を、事前に当時の担任の先生に

説明しておいてくれたおかげで事なきを得ましたが、

こちらとしてはあらぬ疑いをかけられて、

決して気分の良いものではありませんでした。

サラサラのストレートヘアに憧れていた私にとって、

どんなにドライヤーをかけても

思うように真っ直ぐにならない髪の毛を

恨めしく思うこともあって、中学・高校時代は

登校前の朝はイライラしていることも少なくありませんでした。

一方で、友人知人の中には

「パーマをかける必要がないじゃん!いいなあ」

と羨ましがる人もいて、ああ、そういう風に思う人もいるんだ、

ということにも気づきました。

少しずつ、この強いクセ毛を受け入れられるようになったのは、

40歳を過ぎた、ここ数年のことです。

少し濡らしてウェーブヘア用の整髪料をつけると、

完全に天然のパーマヘアの出来上がり。

これを地毛だと周囲に伝えると、

驚かれるやら、羨ましがられるやらで、

それはそれで悪い気はしないのです。

それでも、忙しい朝はパーマヘアを完成させるには

手間がかかるので毎日というわけにはいかず、

やっぱりサラサラのストレートヘアを

羨ましく思ってしまうのでした。

生まれながらのテンパ

私は、生まれつきの天然パーマ。女の子なら誰しも毛については悩んでいると思います。思春期真っただ中、当時私はどうしても髪を伸ばしたくて、お母さんに美容院でストレートパーマをかけたいと頼みました。そこから、十何年かずっと美容院ではストレートパーマをかけています。

おかげで念願だった私の髪は伸ばす事ができ、結婚をするまでは腰のところくらいまでの長さはありました。現在は、肩にかかるくらいまでカットしましたが、カットするまでは、3~4カ月に1度美容院へ行き、ストレートパーマをかけてもらってましたが、美容師さんには毎回長い髪の毛をストレートパーマをかけてもらう事に迷惑かけているんじゃないかとか思ったりもしました。そして、なにより、根本が天然パーマが出始めたときに、お風呂へ入って洗ってドライヤーをかけるときが一番の悩みでした。

とにかく時間がかかります!テレビを見ながら乾かしていたらよくお母さんに怒られていました。ストレートパーマをかけたその日からは、ドライヤーをかける時間も少し短くなり、朝もアイロンをかけずに済むのですが、天然パーマがでてきたらもう大変で…。ですが、小さいころから長い髪にしたいという私の思いは、ストレートパーマによって願いが叶い、今ではアイロンでショートボブの髪を楽しんでいます。